新潟で坂田靖子原画展!!2017年7月13日より

坂田靖子 原画展がなんといよいよ新潟であります!!
私は昨年の銀座での開催はちょうど病み上がりで行くのを断念したのでしたが、今年の夏はなんとか行けそう、ありがとう坂田先生、ありがとう新潟市マンガの家さん、ありがとう河出書房新社さん~~!!

主な内容は公式サイトより、リンクもご確認ください!!

~『坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き』出版記念~
デビュー40周年記念本『坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き』発売記念原画展
2016年3月に東京・銀座で開催され大好評を博した個展が新潟に巡回!
カラーイラスト、マンガ原稿、貴重な資料を多数展示。
原画、複製画、オリジナルグッズの販売も!!
【会場】新潟市マンガの家
【前期】2017年7月13日(木)~8月22日(火)
 【後期】2017年8月24日(木)~10月10日(火)
 ※毎週水曜(祝日の場合は翌平日)は休館

【開館時間】11:00~19:00

【観覧料】無料
【お問い合わせ】新潟市マンガの家 TEL:025-201-8923(受付時間:11:00〜19:00)

詳細は下記へ↓
http://house.nmam.jp/2017/06/21/sakatayasuko/


しかもですよ、なんとなんと、
「萩尾望都 SF原画展」(新潟市マンガ・アニメ情報館/7月15日~9月3日)とのこコラボ企画があるとのこと
下記公式サイトより引用します!

≫「萩尾望都 SF原画展」の開催期間中、萩尾望都展・坂田靖子展、両方の各会場にて書籍・グッズなど1点以上(計2点以上)
お買い上げの方全員に「萩尾望都&坂田靖子 特製ポストカード(非売品)」をプレゼントします。
※両会場にて購入していただいた方が対象となります。
※各会場で購入されたレシート(計2枚)をレジカウンターにご提示ください。
※特製ポストカードはどちらの会場でもお渡し可能です。≪

萩尾先生と坂田先生の原画展がハシゴできます!!両方のファンの方は是非この機会に新潟にGO!!
詳細はこちらも↓
萩尾望都 SF原画展 公式サイト↓
http://hagiomoto-sf.com/

萩尾先生の原画展の方は実は私、去年吉祥寺に行けたので、こちらだけだったら今年の夏は義母の納骨や実家の兄のことなどちょっと家族のことがあり断念しようと思っていたのです。
が、両方をハシゴできるとなればなんとか行かねば!!と予定調整中です。
最初の週は仕事があるので行けないですが、7月中には行けそう~v楽しみです。A4_cs6_20170615_v4_out


| | TrackBack (0)

『ネコマンガコレクション』立東舎

『文藝別冊水木しげる』(河出書房新社)を読んでいたら水木しげる×荒俣宏×別役実対談の中で別役実先生が猫は 異世界への回路であるといった発言をされていた。
猫が異世界に連れて行ってくれる導き手として重要な役割を担うキャラクターとして出てくる作品はたくさんあるけれども、猫そのものを異世界への回路とする指摘は 目ウロコだった。
そういえばファンタジーに限らず比較的リアルな猫漫画 でも、飼い主である作者たちは猫と暮らす生活を描くことで心癒される別空間を作り出している。
そういう意味で猫マンガを集めることはある種のファンタジーガイドでもある。
と、今頃書いてて申し訳ないんですが、「図書の家」さんが企画編集して出された『ネコマンガコレクション』は猫好きだけではなく、癒しを求める現代人にはたまらない1冊といえましょう。
主役に限らず脇役でも重要なキャラクターとして猫が出てくる作品をこれだけの数集めた本は今までなかったと思います。
膨大な本や雑誌を直接当たって拾われたこれだけのリスト、さすが図書の家ワークスと言えましょう。 坂田作品もちゃんと紹介されています。
坂田作品の猫漫画は本当にいっぱいあるので、 もっと取り上げてもらって良かったかなという気はしますが(笑)坂田ファンに限らず、お勧めの一冊です!

https://www.amazon.co.jp/ネコマンガ・コレクション-100匹のネコと13人のネコ好きマンガ家-立東舎-杉作/dp/4845627833


Img_0184


|

年越し

今年は新年明けてすぐ病院で子宮筋腫の検査を受けて手術するかしないかという、
結果、精密検査前は手術しないで投薬でという感じだったお医者さんから、もう切っちゃった方が良いですねという所見を受けて手術を決め、会社に休みの間の仕事の引き継ぎとか段取りを相談し1ヶ月という休みを貰ったのでした。
その後順調に回復するも、腰椎滑り症とかで腰痛、その後ホルモンバランスの関係からか両指全部の腱鞘炎を発症、現在はSNSは音声入力をできるだけ使い、料理はスライサーを使ったり、布巾は絞らずどんどん乾いたものと交換し洗濯していく、などでカバーしております。
オケは休ませて貰って、毎日早寝早起きをし、朝は夫とポケモンGOをしながらウォーキングw
仕事も重い物はもたないし、できないことは人にお願いしながらやっております。
案外いろいろ体調はキツイんですが、メンタルはいたって元気ですし、更年期抜けるまで工夫しながら乗り切ろうと思ってます。
お腹を冷やさないように気をつけたり、手指も冷やさないように気をつけたりなど冷え対策に余念がないです。
来年もまだまだ自粛しなくてはでしょうが、健康が回復したら今滞らせていることも復活させようとは思ってますのでどうぞ皆様ながーい目で見守っていただければと思います。
坂田先生もお元気かなー??「のちの物語」のどーんと描き下ろし続刊がでないものかと首を長くして待っております!!

どうぞ、皆様お体に気をつけて良いお年をお迎えください!!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クラーナハ展→ 山岸凉子展 「光 -てらす-」中期展示

出不精の私をして二度目の原画展です。
中期でカラー原画の入れ替えがあると伺って先週日曜日に頑張って行って来ました。
クラーナハ(クラナッハの方がやっぱ馴染み深いんだけど)展は上野駅すぐだし、とこれも私にしては欲張って行きましたが、こっちもすごく良かったです。
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2016cranach.html

朝早めだったのもあるのか、館の中はそこそこの人で見やすかったですし。
豪華な衣装の素材感や色の出し方が凄くてこれは漫画家さん達には相当参考になったろうなんてちょっと見方が美術愛好家とは違うんですがw工房で大量生産体制というのなんかは、さいとうたかをプロダクションか、とか変な突込みを一人で心中入れつつ。
実務能力が高かったらしいとか、宗教改革のルターとの関わりとか出てくるあたりも面白かった。ルターは賛美歌を自分で作ってたりして音楽史にも関わってくるので、宗教改革というのは音楽美術にも影響してるのだなあ~。
ピカソがクラーナハ主題で描いている絵の展示などもあり、そういうのも面白かったです。1時間半ほどかかって回ったので疲れやすい私は見終わったあたりで実はかなりへばってましたが、上野駅からバスで東大構内に向けて移動。
幸い構内のバス停下りて弥生門を抜けるとすぐ弥生美術館なので上野経由ならバスの方が便利かもしれません、ほとんど歩かないよw

トークイベントは混み合うし、イベントの後お茶したいが4時には帰路となれば少しでもイベントの前に見ておかねばと早めに着いてまずは一人で鑑賞。

日処天のLPジャケットの原画の余白に鉛筆描きで球体(地球?)をぐるっと回り込むように女性の裸体が描かれてるという図案があって、私は山岸作品全部を欠かさず持ってるとかではないので使われてるものの下案かもしれないですが(しかし記憶力なくて情けない;)そのさくさくっと鉛筆で描かれている絵もクオリティーが高くて見ててほんとにこういうのが原画展示ならではの醍醐味かな、と思ったり。
その他カラー原画の端っこにはおそらくは色味試しで筆先を付けている部分があり、それすら花びらを描いたかのようになんだか綺麗。

今まで初出が不明だった作品が実は食品メーカーのカゴメの非売品ノベルティの小冊子に描かれたということが今回の展示で山岸先生が思い出して下さって現物を引っ張り出された。
先生がいつもの自画像であさりパスタの作り方を絵で解説している作品の現物というのが今回のひそかな目玉でしたが(中央ケース)、その小冊子には実は坂田先生も参加しているということで(原画展に協力している友人からの情報)、うわーめくって見たい~~見せて~~と思いつつケースの上からじっと見つめたりして。坂田先生だけなんか情報量が多いらしいw
他には大和和紀さんとか倉多江美さんとかが参加している小冊子らしい。
過去にはグンゼのノベルティで「ガールズマナーズブック」という本を描かれている坂田先生ですがどっちも私の手元にはなく、まあほとんど入手は無理かなwと諦めつつ。

トークイベントは予想通り大盛況で今回は二班に分かれてでしたけど、それでも熱気で暑かったです、文字通りに。
その後は館で一緒出来た友人らとしばしお話しまして楽しかったのですが、
私は帰りの電車を池袋で絶対にこれに乗る!というのが厳密に決まっていたものでそわそわとしてしまって後ろ髪を引かれつつも30分くらいで退場;
田舎なので自宅に近づくに連れて本数が減って逃すと30分待ちとかになっちゃうので洒落にならんのです;
でも慎重な性格が幸いして無事に予定通り帰宅、駅には夫が迎えに来てて土曜の内に汁物を作っておいたので帰宅したらすぐご飯食べて早々と寝ましたー。

われながら疲れやすくて情けない~~。

| | TrackBack (0)

弥生美術館の山岸凉子原画展

先日の土曜日泊まりがけで弥生美術館の山岸凉子原画展を見てきました。
詳細はこちら→http://www.yayoi-yumeji-museum.jp/yayoi/exhibition/now.html


長年のネットを通じての友人であるマイミクさん2人と 池袋で落ち合いランチしてから1時半に 現地に着くようにスケジュールしまして、閉館までたっぷりいることができました。
展示の手伝いをなさっている白峰さんに伝えてあったので現地で合流できました。
白峰さんは学芸員さんの解説に時々呼ばれて補足説明もなさってい ましたが 全く知らなかったエピソードも聞けました。 学芸員さんのトークもよどみなく本当に楽しかったです 。
ただ予想通り館内かなり混み合っていましたので、 絵を近くで見ながら説明が聞けなかったのが残念です 。 先に一回りはざっと見ておいたのでほぼ内容も分かりましたからいいんですけど。
私は暑いのと腰痛でかなりへたばってました w
トークのあと展示を見ている途中で白峰さんと学芸員さんのお茶に混ぜていただいたりして。
原画はそれはもう素晴らしくいつまでも見ていたい内容でした。
その後四人で 米沢記念図書館に移動し 東村アキコ展 も見まして その後はほかに予定があった白峰さんとは別れ、久々のマイミク3人でまったりと池袋で飲みました。
大阪からのマイミクさんとは何年ぶりかの再会だったので、 かなりプライベートな話をして濃い時間を過ごしました。
オープンカフェで飲んでいたのですが、なかなか料理もおいしかったです。 いろんな種類のビールをたくさん飲みましたv
翌日私はへたばるので朝から帰路につきました。
午後は爆睡です~はあ~体力ない~。
マイミクさんは翌日もいろいろ回ったようです、 タフでうらやましいw
11月の中期展示もなんとか頑張って行こうと思ってます!
次回は日帰り。その週の体力がもつかなあ~今から心配ですが。体力つけねば!!

| | TrackBack (0)

2016年10月10日月曜日(祝)に前橋交響楽団第30回演奏会が玉村町文化センター にしきのホール であるそうです。開演2時から。
プログラムはチャイコフスキー「エフゲニー オネーギン」よりポロネーズ、チャイコフスキー「バイオリン協奏曲ニ長調作品35」シベリウス「交響曲第二番ニ長調作品43」指揮 森重修実
チャイコフスキーのバイオリン協奏曲 のソロ を佐野隆先生!!
佐野先生には群馬シティフィルも大変お世話になっております。
先日図書館に行ったら、チラシがあってたまたま手に取ったら、佐野先生のお名前があってびっくりv
私はあいにく予定があって行けませんが、ご興味のある向きは是非足をお運びください

| | TrackBack (0)

9月15日付「北國新聞」青島広志さんのコラムが坂田作品!

ツイッターで教えてくださった方がいて読めました!(感謝です!!)

9月15日付の「北國新聞」に作曲家であり少女マンガ研究家でもある青島広志さんが「金沢の“少女漫画家”」と題して坂田靖子先生のことを書かれていました。
モンゴルに行ったら坂田作品を思い出したというところで始まるのですが、少女マンガ史もさらっと入って坂田先生の作品だけでなくその活躍の背景も押さえてあるというさすがの内容でした!

Csyjdvnumaa2jgp


| | Comments (0) | TrackBack (0)

『きのこ漫画名作選』(Pヴァイン)

今年の春に一度出て入手したんですが、なんか乱丁本だったので回収されたりなどあったようです。
とりあえず私は都内の友人に入手してもらって交換せずにそのまま回収前の本を持っておりますが、無事に6月には改訂版が出ていた模様。

キノコの漫画だけを集めた一冊ということで、金の箔押し?の装丁が迫力ある一冊。
この中に坂田先生の「キノコのベターライフ」も収録されています。

キノコ愛に満ちている一冊です。
きのこ漫画名作選 【改訂版】 (ele-king books)


これについての呟きまとめは下記
http://togetter.com/li/957748

マニアックですね~。

| | TrackBack (0)

坂田靖子データベース移転します

ニフティのホームページ開設サービスが終了するにあたり、私が現在やっているホームページについて移転致します。
http://homepage.nifty.com/information/2016/01/

それで、「居酒屋はねうさぎ」の方はこの機会に自然消滅させることに致しました。
ここのコンテンツは更新を続けているのは「アマオケ活動記」はすでにグーのブログに移転してますのでニフティとは別枠です。
これはこちらhttp://blog.goo.ne.jp/amanoakimi
そのほかの過去の演奏会記録とかは申し訳ないですが削除されるということで。
坂田靖子データベースは下記にすでにデータは移しました。
http://haneusagi.la.coocan.jp/sakata/

今現在のがそのまま場所を変えて置いてあるだけで、移転案内を今のページに置くのと、内容の更新をせねばなりませんが、同じニフティの別サービスに移転して続けます。
が、「居酒屋はねうさぎ」のページから入っていた方はそのインデックスは無くなるのでご注意ください。
はねうさぎのインデックスページは夫がデザインしてくれたんでしたが、長年やってて、更新続けてるページはブログに移行していたり(日記もここに移行してるわけですが)なので、過去の分はもういいかなと思いまして。
アマオケ活動記もはねうさぎから入ってた方はそこからは入れないです。
でも検索すれば出てくるとは思います。
ただ、現在、更年期障害で腱鞘炎も発症しまして、前のばね指と違って両指に痛みが来ていて、打ち込みも自粛、オケも楽器の練習が立ち行かないので休ませて頂いているのでした。
が、長くかかっても(二、三年かかるかも?)腱鞘炎もいずれは治るらしいので、今は我慢して本読んだり映画見たりを楽しんでおります。
データベースの方も細々ですが、坂田ファンのお役に立てればと思うので続けますので、移転してもどうぞよろしくお願いします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ストレッチの日々

いろいろありましたが、当面の問題は腰痛がなかなか治らないということです;
もう、私もいい歳なので身体に不調が出るのは致し方ないのですが、私より年上の人たちがすっごく元気で頑張ってるのを見ると情けなくなります;

腰痛は整形外科でレントゲン撮ってもらったところ、腰の骨が一箇所減っててそれはもう手術とかは出来ないので、支える筋力をアップさせて痛みを減らしていきましょう~ということでした。
そこで丁寧に私の体の硬さとか状態を確認しながら、おなかの手術痕に響かない程度のストレッチを教わったので、毎晩30分くらいかけてやっております。
やり始めて1ヶ月半くらい経ったのですが、これがなかなか。
なんせ地方在でほとんど歩かない。通勤が車でドアツードアで職場に着いて、そこでPCに向かって一日じっとして仕事してる、というような生活なので。
だもんで、座ってると臀部が痛くなる。ここんとこでは横になっていても常時腰骨が痛む。
内科医に「湿布は極力貼らない。胃潰瘍になっちゃうよ」と言われたので、我慢できる限り貼らない。
こないだ、ちょっとした荷物をちょこっと動かしたんでしたが(この程度は、みたいな気持ちで)、そしたら後々腰痛が悪化しちゃいまして;上司に「後で来るからそのままにしておいていいから」と言われたのですぐ止めたんでしたが、上司の言うとおりほんとに少しばかりの作業ですら響きました;
昔はがんがん物も運んだのに。小柄な割りに腕力はあったので;でも若い内のそういう無理が今になってきてるのかも。
で、さすがにその時は痛みが堪えて湿布を買いに薬局に走り、しかしどれを買えばいいのか分からないので薬剤師の方に「内科医の先生にはあまり貼るなって言われてるんですが痛くて;」と事情を説明したら、「荷物を運んだことでの一時的な悪化ならコルセットをすると少し楽ですよ」と言われました。
「コルセットも長く使うと筋力が落ちると前に言われましたが?」
「一時的にはいいと思いますよ、少なくとも湿布を貼るよりはいいです」
と言ってくださったので、それもそうだなあと思っていっときはコルセットをしました。確かに楽。
そのうちに悪化した分の痛みは取れて、その前の痛みまでには回復したのでコルセットも中止。

休日は一時間歩くようにしたり気をつけているんですが、回復の兆しがないので、今週から早朝のウォーキングを再開。平日朝5時半起きで30分歩く。たかが30分を捻出するのに早朝しかない。
夫が付き合うので平日は二日にして、残りの朝はストレッチを朝もやることにしました。
ともかく運動して筋力アップして腰痛を軽減させていきたいです;

痛みがある状態には慣れてはきましたが、、それにしても座ってるのがキツイとは。
家で台所仕事で動いてるほうが楽ですもん~~。
いやはや、一つ悪いとこがあると連鎖で来ますが、どうにかやっていきたいものです。
メンタル的にはけっこう頑張っていますw

| | TrackBack (0)

«乳腺症?