« 坂田先生の原画が | Main | 手塚治虫文化賞記念イベントマンガ未来世紀 »

坂田さんの原画見てきました!

友人から情報を貰って、『だいすき DAISUKI 犬と猫展』行って来ました。
八王子に群馬から行くのになんと八高線というローカル線を使うと3時間半です。が、新幹線を使って乗り換えして行ったとしても3時間かかる。30分縮めるためのお金で二人分の交通費がかかるということで、じゃあ二人で八高線で、ということではるばる夫と出かけました。
おにぎり作って、麦茶持って、キャンディとか頂き物のラスクとかのおやつ持って気分はすっかり遠足です。

八高線はその名の通り高崎と八王子をつなぐ線なので、殆ど乗り換えは要りません。乗りっぱなしです。八王子に着いて創価大・美術館が終点のバスに乗り換えて駅からさらにバスで30分。ということで4時間かかりました。
電車バスの時間は全て夫が調べてプリントアウトしてくれてました;どこまでも人任せな私です。。。

いざ展示会場へ!
・・といっても展示にすごく期待をしていたわけではないです。基本的には坂田さんと山岸さんの原画が拝めればそれでよし!犬猫展は別に大したことないと思っていたので、まあまあ。。それにしてももうちっと数を集められなかったかなーとは思いました。

先に見に行っていた友人の情報の通り、「伊平次とわらわ」の第五話「骨(こつ」からの原画24枚とコミックスの表紙裏表紙のカラー原画。色の指定とか入ってるの~。
坂田さんの原画はキレイです、なんだか修正が殆どないようなすっきりした原画です。
それと館の関係者のコミックスなのか、サイン入りの本が一緒に飾ってあって、表紙の折り返しのとこに坂田さんのいつもの自画像と日付が入ってました。
(あれは個人所蔵だろうなあ~w)
あと、数は少なかったものの、山岸さんの原画がまた良くて。
印刷外のところに猫の落書きがしてあるんですよ~、邪魔してやるとかなんとか、飼い猫さんのカットですね、多分。すっごいレア。あれは欲しいv坂田さんの原画にはそういう落書きはなかったです、残念。

猫犬展自体は、まあそこそこだったんですが、ブリューゲル、ゴヤ、フジタなどから無理やり猫犬の出てくる絵を探して飾ってもありました。
そのまま常設の西洋絵画の展示も見たんですが、ターナーの海の絵、マネ、ミロ、ルノワールなどなど。
ターナーの絵やミロの絵と坂田さんの絵が一緒に見られる展示会というのもなかなか乙なもんだな、と思いました。

喫茶店も閉鎖していて館や周辺には食べるとこもなくて、図録の販売もないので、八王子の滞在は結局2時間弱;見終わってミュージアムショップでちょっと絵葉書とか買って。
バスに乗って(バスは創価大の関係で思ったよりは本数ありましたね)八王子駅まで戻り、駅でハンバーガーを二人で食べて(ベッカーズのつくねバーガー旨かったですv焼きたて~)
http://www.jefb.co.jp/beckers/
チェックしてあった八高線で帰路に着きました。
一日の大半を電車に乗っていた計算になります。
天気も良くて、遠足としてはまずまずの一日でしたv

|

« 坂田先生の原画が | Main | 手塚治虫文化賞記念イベントマンガ未来世紀 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 坂田さんの原画見てきました!:

« 坂田先生の原画が | Main | 手塚治虫文化賞記念イベントマンガ未来世紀 »