« 川原和子『人生の大切なことはおおむね、マンガがおしえてくれた』(NTT出版) | Main | 出版お祝いの会 »

トキワ荘記念碑除幕式イベント

先日土曜日ははるばると東京は豊島区まであるイベントのお手伝いをしに行って来ましたー。
どんなイベントかというと、
豊島区にあった伝説の「トキワ荘」を記念した碑が南長崎花咲公園に建設されまして、それの除幕式というやつです。
トキワ荘といえば手塚治虫を中心に藤子不二雄、石ノ森章太郎、水野英子、赤塚不二夫、鈴木伸一、寺田ヒロオ・・といった漫画界を切り開いてきた人達が上京して住んでいたということで有名なアパート。それぞれ住んだ時期は違えども、名だたる漫画家・巨星たちを輩出したアパートとして有名なのでした。
現在は既に取り壊され、今ではここにアパートがあったという案内に残るだけとなりましたが、今回の記念碑はそのアパートの当時の姿を再現したものと、それぞれの漫画家さんの自画像を並べたものです。

記事はこちら石ノ森さんの公式サイトにも↓
http://www.ishimoripro.com/news/index.php

このイベントの開催が決まった頃に「当日、水野先生たちの本やグッズを販売するお手伝いができる方~」という呼びかけがブログを通じてヤマダトモコさんからありまして・・・、こんな機会滅多にないからこの際その日に「図書の家」面子で集まるかという話になったのだけど、結局私以外の面子は超多忙につき都合が折り合わず、私の方は当初予定入れたとおりに大丈夫だったのでそのままお手伝いに参加。ということで遥々と朝から出かけたわけでした。

いやー、行って良かったです。天気もよく暖かかったし、桜は咲いてるし。
以前はサイン会に並ぶお客の側だった私が今回はあの水野先生のお手伝いができて、しかも合間に自分もポストカード買って先生にサイン頂いたりしました。
ラーメンの小池さんのモデルになった鈴木伸一さんのスピーチは人柄がにじみでる謙虚でユーモアのあふれるもので、間近にお顔も見れて、うをーこれがあの小池さんかーと思ったりw
伝説の編集長・丸山さんのスピーチは、当時漫画は悪書として世間的に冷たい風潮の中、漫画に情熱を燃やした人達が集まったアパートでは毎日毎日漫画の話に明け暮れていた。上京前から既に投稿作品で注目を集めていた各地の貴重な人材だったからこそ手塚さんを求心力としてここに集まったのだった・・といったお話なども聞けてしみじみ感慨に耽りました。このトキワ荘に集まった人たちは集まるべくして集まったのですよね、そしてその巨星達の才能と情熱が今現在につながる漫画という文化を切り開いてきたのだなーと。

そしてトキワ荘といえばラーメンの「松葉」ということで、お昼はその「松葉」でラーメンを頂きました。480円だったかな。 こんなことでもなければ群馬に住んでいる私がそうそう食べる機会もないよなあ~としみじみ感慨深かったです。たぶん普段はこんなに混むこともないのであろう店内は満員で、中学か高校生くらいのお嬢さんがホールを手伝っていてかなり大変そうだったけども。
ちなみに交代で食事に行ったヤマダさん達は、ちょうどTV取材を受けながらラーメンを食べるリアル小池さんをまん前で見ながらラーメンを食べたそうだ~羨ましいーーw

お手伝いのほうは、販売と最後の在庫確認とお金の計算を手伝っただけで、大した戦力にもならずでしたが、開始早々は一気に人が来たので、頭数的にはいて良かったかなーと思いました。
水野ファンの人たちがお手伝い慣れしていて頼もしかったです^^その内のお二方が坂田ファンでもあるというので新刊や新連載の紹介をしたり、ヤマダさんの紹介でコアな坂田ファンの人とも話せてこれも嬉しかった^^

TV取材はアド街ック天国用だったらしいので、5月16日に流れるらしいので要チェックください。

|

« 川原和子『人生の大切なことはおおむね、マンガがおしえてくれた』(NTT出版) | Main | 出版お祝いの会 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference トキワ荘記念碑除幕式イベント:

« 川原和子『人生の大切なことはおおむね、マンガがおしえてくれた』(NTT出版) | Main | 出版お祝いの会 »