« April 2009 | Main | June 2009 »

栗本薫逝去

今日のお昼休みに激震が走りました。
私の周辺の人たちのブログに、ともかくショック!と。
凄くいい読者だったとか、根強いファンだったとかはとてもいえない私ですが、56歳という若さで亡くなられたことにはかなりショックを受けています。周辺の人たちの反応もそれに近い。
最近の執筆活動を追わなくなって久しいので闘病されていたことはちらっとは聞いていたものの、まさかお亡くなりになるとは。

中学から高校にかけて、この方の著書に触れた私はその才媛ぶりに舌を巻き、世の中にはこんな凄い人がいるんだ!と雲の上のように崇めたような気がする。
「ぼくらの時代」も好きだったし「翼あるもの」とかも好きだった。ジュネの「小説道場」は最初の頃の読者だった。大学生になるとちょっと斜に構えた読者になってしまい、その多作にも遅読の私はついていけなくもなり。でも思春期の私には確かに憧憬の存在ではあった。

若いなあ、56歳だなんて。有り余る才能を振りまいて。

子どもの頃はTVのニュースで訃報を聞いても(誰、それ?)とまったく関係のないことが多かったが、この年になると先日の清志郎といい、すっごいファンじゃなくてもなにがしかの影響を受けているわけで、感慨が深い。
ましてやすっごいファンだったりしたら喪失感も大きいだろう。

なんとも今は驚きの方が強くて、、ですが。
故人のご冥福を心から祈りたい。

| | TrackBack (0)

« April 2009 | Main | June 2009 »