« August 2009 | Main | October 2009 »

無事に終わりました&もろもろ

ここ数ヶ月、すっかりオペラ一色だった私の生活;
夫には「もうなんとか早く終わってくれんかなー、、、」と言われるほど、家族には可哀想なことではありましたが、昨日は本当に楽しかった!
ともかくこれまでの演奏会とはまた別の達成感がありました。

始まる前は緊張もしていたしドキドキもしていたのだけど、ぐっと集中できて、曲に乗っていけたのがともかく楽しくて。頭の中で「のだめ」のミルヒーの本番前のセリフ、「さあ、楽しい音楽の時間ですよ」という言葉が浮かびました。こんなに楽しんで弾けた演奏会はこれまで参加した中でも一番かも。
(いつでも楽しんではいるのですが、昨日のは格別でした。)
やっぱり会場が満席で、観客席からも舞台からも本番に向けてわくわくした高揚が高まっていたからかもしれません。本番というのは会場も一緒に作ってるのだなあーというのを改めて感じます。
終わった時にお客様が立ち上がってオケピの私たちを覗き込んで暖かい拍手をくださるのも本当に嬉しかったし、演奏の最中に指揮のN橋先生が、満足そうに頷いてくださったりグッド!のサインを下さったりするのも本当に嬉しかったv

N橋先生とは練習の間に段々に親近感を感じて、ちょっとづつお話したりしていたのだけど、終わった後に初めてかなりたくさんお話が出来ました。その一部を少し書いちゃいます。
(フルネームで書くと後々まで日記を拾われそうなのでイニシャルで失礼します;イニシャルで書いても読みに来ちゃうような人だけにこっそりとw)

まずはやはりお名前の話w
これは必ずどこでも聞かれるのだそうですが、「ご本名」。
聞かれる前にまず「本名です」と言っちゃうのだそうです。
「覚えられやすくていいですよね?」と言ったら、「そうなんです」と。
「ご両親は何か意味を込めてつけられたのでしょうか?たとえば歴史上の偉人などから取ったなど?」と伺うと、そういうのではないみたい、というお返事。うーむ、何か明快なお返事が頂けるかと思っていたのだけど残念。

*余談ながらうちの父親は「実惟(さねただ)」という、これまた武士みたいな名前なのですが、祖父の兄弟、父の兄弟含めて親族の男にはすべて「実」の字が付いていて、全員の名前を並べると意味無くなんだか武家風です;

閑話休題。
副指揮者だったM遊先生はうちのオケに何度か代振りで来ていただいていた方でもあります。
で、今回N橋先生の副指揮者だったのでちょっとびっくりしたらば、大学の時からのご友人とのこと。
世の中案外狭いなあと思ったりして。
「交響曲もやりたいしなんでもやりたいけど、やはり一番やりがいを感じるのはオペラだ」というお話。
棒一本で動かす人数が違うものなあーー。
舞台芸術というのは普通のオケとはまたスケールが違うので、先生が取り付かれた魅力は分かるような気がしました。交響曲で好きな作曲家を挙げていただいたら「なんでも好きだけど、ブラームスも好きだし、シューマンも好きだし・・」中で「ブルックナーとかマーラーとかも・・」の名前が印象に残りました。
いやもっとたくさん名前挙がったのだけど、心中(なんか合う合う!)と思ったからかもwイメージ操作?

ピアニストでもご活躍中なわけなんで、「たまにはコンチェルトなんてのもどうですか?」と聞いてみたら
「それもいいですねー」と。弾き振りなんてのもアリですよね、なんてちょっと盛り上がっちゃいました。

そんなこんなをなぜだかインタビュアーのようにお話の中で聞き出した私でした;
いろんな人のお話を聞くのは楽しいvだもんでつい仕切って聞いちゃうんですよね;;
最初はとっても無表情で強面で、目が合うとそのまま離してもらえない(これは誰に対してもそうw)ので、いったい何を考えておられるのであろうかーーーと思っていたのでしたが、練習が進むにつれてざっくりした気取りも気負いも無いお人柄を感じたし、練習はともかく分かりやすく充実して楽しいものでした。
それで終わった後の懇親会でも皆があれだけ別れを惜しんだのだろうな、と思います。
また何か一緒に音楽をやれる機会があればいいな、とも思います。

ともかくもN橋先生の今後のご活躍を心より祈念しつつ!
そして昨日までのご指導に心からの感謝を込めて!敬礼!!


| | TrackBack (0)

トヨタ コミュニティ コンサートin 群馬 プッチーニ作曲 オペラ『ラ・ボエーム』 [全幕・原語上演・字幕スーパー付]

そういえば、演奏会のご案内をしておりませんでした。

トヨタ コミュニティ コンサートin 群馬
プッチーニ作曲
オペラ『ラ・ボエーム』
[全幕・原語上演・字幕スーパー付]

日時*2009年 9月23日(水・祝)
開場/13:30 開演/14:00(終演予定/17:00)
会場:前橋市民文化会館(大ホール)

管弦楽:群馬シティフィルハーモニーオーケストラ
指揮:中橋健太郎左衛門
演出:大島尚志

合唱指揮:秋谷誠一
合唱:前橋空っ風混声合唱団
児童合唱指揮:小林恭子
児童合唱:にしきの少年少女合唱団

副指揮:諸遊耕史、川嶋雄介
お話・音楽監督:三枝成彰

お陰さまで順調にチケットははけたようです。
まだ当日券が残ってるのかな?すみません、ちょっと状況が分かりません;
(補足→今日9月20日の練習後に「チケットは完売した」というアナウンスがありました!
興味を持たれた方、全席指定で既に完売ということで当日券ございませんので、申し訳ないです~~。
でも完売って嬉しい~~~vv)

三枝先生の解説がつきます。
字幕が流れますので話の筋も分かりいいと思います。

(普段は固有名詞避けてるといいつつ、演奏会案内はきちんと挙げないと!w)

いらしていただける皆様に楽しんで頂けるよう頑張ります~。
是非足をお運びくださいませ。
(ということで、既に指定チケットをお持ちの皆様、気をつけていらしてくださいませ!)

| | TrackBack (0)

土曜も練習でした

土曜日は午後1時から6時までの練習。
午前中は合唱の方たちが合わせて、1時からオケ、合唱、バンダとの合わせでした。
指揮者のN先生はずっとそれの指導をしてるのだから大変だよなーと思うのだけど、さすがの体力。最後まで疲れの色が見えない。
私はこのところ仕事もちょっと重なってきていて(なんせ他の営業所では二人でやってる事務仕事を一人でやっている…;)そのストレスもあるのか若干の睡眠障害が続いていて、眠りが浅くよく眠れない。土曜の後半は集中力が切れてきてへとへとでした;あまりいい状態ではないみたい。
楽しいのは楽しいのだけど、なんとかならんかなー。

先回の練習前に替えたばかりのE線が切れてなんとかAさんのお陰で助かったのだけど、金曜の夜に弦替えたばかりなんだからちょっとでも弾いておかなくっちゃ、と楽器を出して調弦したところまたすぐぶつっと切れちゃった;
替え弦の予備をネットで発注はしていたのだけど届くのが土曜日。
それを待っていたら間に合わない;
ゴールドのちょっと変ったアジャスタを使っていて、安定すると全然切れないのだけどたまに替えては切れ、替えては切れ、することがあるやつなので、この際アジャスタも替えてもらおう、と土曜の朝早々に近くの楽器屋さんに電話してみると朝9時だったのだけどもうやってるというので楽器持って行って来ました。
弦楽器専門店ではないのだけどとりあえずいつも使ってる弦もあったし、アジャスタは前に使っていたのがケースに入れっぱなしだったのでとりあえずそれに交換。

今まで使っていたのではループエンドだったのけど前のアジャスタだとボールエンドなのでこの方が切れにくいし…。
でも金曜の夜、弦の替えがない状態のまま寝たのでなんだか不安だったのか、楽器を壊しちゃった夢を見たり;夢見は悪いわ、眠りは浅いわ・・・雨降ってる朝からそんなでバタバタしてテンションがまた下がったのでした。
出かける時も若干気が重くて(また音程が安定してない弦で弾くのか、、と)沈んでいたら夫の人が「大丈夫だよ、やれば出来る子なんだから(笑)」とわけのわからない励ましをくれたのでした。子供か、私は。
楽器屋さんにも夫の運転で行きました。久々に行くので道に自信がなかったw 
何かと手間がかかるなあ、私って;

帰ったら夫が例によって部屋の掃除はしてくれてました。
夕食は金曜の夜の内に肉じゃがを作っておいて、五目御飯を作るようにしておいたので、粗食だったけど帰ったらそれですぐ済ませて…。
家族の協力がないとこんなハードなスケジュールはとてもこなせないので、本当に有難いことです。夫には感謝!

| | TrackBack (0)

坂田先生にお手紙を

3日間くらいでちょっとずつ用意しまして、なんとか発送の準備をしたので明日には投函できると思いますが、坂田先生にお手紙を書きました。
いろいろお礼やら感想やら書きたいことがたくさんあって、もっと早く出したかったのだけど、、、
(あ、今になっていっこ書きもれていたことがあったのに気づきましたが、まあそれはまたにします;)

今回発送先は朝日新聞出版社様宛にしてみました。
大手だけに担当者さんに郵便物がなんとか無事に届いたとして、さらにそこから転送いただけるまでにどれだけの時間がかかるか分からないですが、、、今回のWeb配信への感想も書いてみましたし。。。
(双葉社さん宛のほうが坂田さんのお手元に届くのは早そうな気もしたのですが、、、それはまた文庫版の感想など書いて出すことにしましょう~)

発送先を書きながら、無事に届くといいなあ・・と遠い目で思うのでした(笑)

仕事の取引先で大手のN**なんかに請求書を出す機会などけっこうあるんですが、そんで自分もN**の末端の営業所で入力の契約社員やったりしたことあるので、大手になると郵便物一つ手元に届くのがどんだけ大変かちょっと分かるんです。。。。。出した請求書が全然処理されず、結局その間に組織変更があって請求書は別の部署に送りなおしてくれ、、とかね;;なんだかともかく大変そうなんで;
ともかく仕分け担当、郵便物を回す担当に一人バイトが要るんじゃないかちう感じ。
よくハリウッド映画なんかだと大きな会社で郵便物を配って回るシーンなんかあるけど、少なくともNではそこまではしてませんでした。でも雑用とはいえそういう係りがいないことで請求書一つまともになかなか届かなかったりして;担当者名明記のない郵便物なんて宙に浮いちゃうしね;(誰もそんなものの処理にかまう時間は無い;)
そんなこんなで宛名はけっこう考えて書いてみたりして。

うちの会社みたいに小さい会社なら宛名にどんな書き方されていても、中身見たらしかるべき担当者にちゃんと回しますけどねw

明日には投函します、無事に坂田さんのお手元になるべく早めに届きますように、、、(祈)


| | TrackBack (0)

練習でした

今日も午後1時から5時まで練習。ハードな日々だぜ。
それでも土曜は一日休みだったし、今日も午前中は使えたからなんとか家事をこなす。
昨日は義母も連れて現在オール電化相談中の工務店のモデルルームに行った。
実際にIHクッキングヒーターを義母に触ってもらって、その上で話を進めていいかというのが目的。思ったより義母が前向きに覚えようとしてくれたし、標準の単純な操作性のものを選ぶつもりなので、なんとかなりそう。給湯システムが13年目にしていよいよ限界っぽいので(普通10年くらいが寿命らしい、一、二度基盤の修理などはしてるんだけどね)、この機会にエコキュートに替えようかということで、ついでにキッチンもやろうか、という流れである。

モデルルームに行く前に夫と分担して掃除と洗濯を済ませ、見学のあとは外でお昼を食べて買い物を済ませて、午後は洗車も済ませて・・それでようやく夕方にかけて爆睡・・・
疲れが溜まっていてへろへろでした、、、久々に昼寝できて助かった;

今日は朝の内に夕食の仕込み。たまにはお寿司でもいいよというので、持ち帰りの寿司の手配をすることにしたので、ポテトサラダとか煮物とかだけだけど。お陰で練習後は何もしないでも夕食が食べれて楽だったー。
久々のお寿司も美味しかったし!
あと、靴の手入れに1時間;そろそろ夏のサンダルを仕舞わなくてはいけないし、9月の5連休がオケにほとんどもっていかれるのは覚悟の上とはいえ、家事的にはかなりまずい;

夕食後、弦の張替え。
ようやくA線を替えて、これで今回4弦とも交換済んだ。。。
ガット弦使ってると音が安定するのに数日かかるので、これだけ練習頻度が高いとなかなか替える時機を逃すのだ;
でも替えないと音色が落ちるし、、、で、替えたからには水曜までになんとか弾きこんで安定させないとやばいので、しばらく練習。。。。とはいってもオペラをさらう気にはならず(すみません;)
勝手に個人練習中のバッハとか音階とか弾いておりました。
水曜までにどこまで安定するかな、、、不安、、、。

坂田さんが装丁を手がけてる幽霊刑事シリーズの新作も買って読み始めた。面白いっ
データ更新もしなくちゃ、なのだよ、、、ってずっと言ってるけど、、、、、オペラ終わるまでちょっとムリかな;;;むー。

| | TrackBack (0)

『ベル・デアボリカ』第二回配信中です!

『ベル・デアボリカ』第二回配信中です~
一回目未読の方は↑から、既読の方は最新話から~。

私にとってはまだ既読分なので、もうともかく先が読みたくて読みたくてしょうがないのですが、PCで読むとまた感じが違ってそれはそれで楽しんでおります。
幸い私が使ってるノートPCは液晶画面が割合に大きめで見やすい&さくさく読めるので快適です。
これがもっといい環境だとまた違うだろうなあ~~(欲は限りない)
最近では携帯で無償で読めるコミックを落として読んだりもするのですが、昔よりずっと読みやすいですねえ。携帯が進化したから。
活字も青空文庫など著作権が切れた名作がかなり挙がってるのでちらちら読んだりもするのですけど、これまた読みやすい。進化凄い。
携帯一個で何冊も本を持ち歩けるようなもので、そりゃまあみんなPCより携帯にいくわ、、と思ったりも。。。私は移動しないのでPCのほうがやっぱ楽だけど。

でも紙媒体には特別な愛着を持って育ってきているので、WebはWeb、本は本。
ベルデアボリカも絶対にいずれは絶対に本で出して欲しい!と思っています~。

坂田さんのコミックを買い始めたのは私がまだ小学生の頃ですが、その頃からの本を大学進学時の引越しを始めとして、就職、結婚、現在の群馬への転居・・と数回の転居を繰り返しながらも一冊も手放さすに持ち歩いてきた人間なので、好きな作家の本は特別です。
データは永遠とかいいながらも、PC壊れたらアウト、OS変ったらアウト・・、保存が返って難しい。
(以前に別の作家のでデータで購入したコミックもあるのだけど、そういえばPC換えたらもう読めない・・;あれどうしたんだっけか;)
そういう面でも紙媒体というのは無くすわけにいかないメディアだと私は思っております。
雑誌の流通が難しい現在、Webで読めるというのは有難いけど。出版界も厳しいのは分かるけど、紙媒体をなくさないでくださいね~~~、切にお願いします。

| | TrackBack (0)

« August 2009 | Main | October 2009 »