« June 2011 | Main | August 2011 »

「ベル デアボリカ」配信第13回は番外編!

「ベル デアボリカ」配信第13回は番外編です!

http://comics.yahoo.co.jp/magazine/hfclub/berudeap01_0001.html

 この番外編では坂田先生描くところの"魔法使い"が単なる超常的な力を持つ者というのではなく、深遠な知識と智力の持ち主ということが分かる。
その言動は突飛に見えても権謀術策の一つであることも。
ヴァルカナルの言動の一つ一つから目が離せない感じで読んでしまいます。
これを読んで再び本編に戻って、急に戻ってきたヴァルカナルがツヴァスに八つ当たりする様の意味がよーく分かるので、今回配信があってホントに良かったな~と思います。
ツヴァスが出て来ないから「番外編」というだけで、ヴァルカナルを理解するには非常に重要な話ですから。
デボンの大公の俗物ぶりにうんざりするヴァルちゃんは、ダメな今彼の言動を心の中で大好きだった元彼と比較してはうんざりする乙女のようです(笑)
そりゃ早く帰ってツヴァスに会いたくなるよねえ~。
ただ、デボン大公のじいの孫、ヴェネッサはとても賢くて良い娘さんで、この人の話ももっと読みたいなあと思ったり。じいさんもいい人だ。じいがまだ若かりし頃、先代の大公の時はきっと優れた政治が行われていたことでしょう。人材は大事だね、とか、二世はやっぱダメなのよ、とかまあ色々考えさせられます。

この話は色っぽいところがまったくないようで、実にぞくぞくする魅力的な話でした。
魔法使いの解錠の手法のイメージがもう堪らん!!って感じです。ファンタジーの醍醐味ですね。

| | TrackBack (0)

坂田靖子さんの新作掲載中!

今店頭に並んでいる『Jourすてきな主婦たち』に坂田靖子さんの新作25ページが掲載されています。
古家具を扱うルディと不思議な事件を解決する探偵エム君のシリーズ3作目。
今回エム君に何回も「友達じゃない」とひどいことを言ってますが、そういうことが言えるくらい仲良くなってきたのだねえw

http://www.futabasha.co.jp/magazine/jour.html

双葉社さんのサイトのこの号のインデックスに坂田さんの名前がないですが、表紙画像にはあります。
というか、買ってきて確認したので間違いないです。

*坂田さんによるとコミックスにまとまらない可能性もあるのでファンの方はお読み逃がしのないよう!

*サカタボックスでは6月2日発売と書かれていましたが、7月2日号の間違いだと思います。
今店頭に並んでいる本で大丈夫です!

| | TrackBack (0)

« June 2011 | Main | August 2011 »