« January 2012 | Main | March 2012 »

「カーネーション」感想

NHKの朝ドラ、相変わらず面白く見ています。
土曜の再放送をまとめて見るので一気に見れていいです。
とうとう私が生まれた年まできて、ミニスカートブームが訪れ、この後パンタロンブームも来るんだよなあ~とか色々分かるとこにきたのでそれも面白いです。
コシノ三姉妹の、上二人の確執の凄さはドラマでは面白いですが、本人たちは相当しんどかっただろうなあ~。
どちらかという優等生でコンサバティブ寄りな長姉、革新的でモードばりばりな次女
テニスばっかりやってたはずが(全国大会で一位になってもまだ母の関心を得られなかった可愛そうな末子;;)テニスは止めたと同業に入ってきた三女は、いよいよロンドンw
なるほど、こうやってこの人たちは世界的なデザイナーへの道を歩んだのか~
って話はそこがメインじゃないので、母である糸子さんにあくまでもスポットを当ててる、その三姉妹との話の絡ませ方が絶妙に上手い。役者もいいが、脚本もいい。
糸子さんの言動を見ていると、母というよりほとんど父であり、母の部分は麻生さんが演じている祖母が担っているようだ。
10代の頃から商売の下手な父に代わって稼ぎ手としての才覚を見せ、実際に一家を養っていた女性だけに、ほとんど男性的な感性と言動になっている。
姉妹3人は、実業家としてデザイナーとして才覚を見せ切り盛りする父のような母親に認められることを目標に頑張って、しかも身近に同じような高いレベルの才能を持つライバルがいたことでますます切磋琢磨して成功を収めたのだなあ。
先回の感想でジェンダーに触れたが、婦人服の世界というのは他の業界よりも実は女性でも実力次第で自由に上に行ける可能性がある、自由に羽ばたける業界かもしれない。
実は私自身、大学卒業して入ったのが婦人服業界だった。
当時はまだ大卒が少なかった会社が幹部候補として大卒を採用始めた時期で、半年で一店舗任される店長になり、一年後4店舗のマネージャーになった。一年上の人達と並んだ役職だった。自分でもその頃は仕事ばかりしてたw
女性でも実力があれば認めてもらえる業界ではあった。
糸子さんはワーカホリックみたいにずっと自分が選んだ仕事に没頭しているが、私は入社4年目で早々に婦人服業界での自分の才覚の限界を感じたのと今の夫との結婚を決めたので、アパレル業界からは縁が無くなった。結婚は一つの転機なだけで、もっとその道で才覚あれば今も続けていただろう~。
結局自分が最初に選んだ道では自分が行ける先は見えていて、そこまで頑張り屋でもなかったので、今やっている事務職は家事や趣味と両立出来て私にはちょうど分に合っている。

次女の直子の友人の男性たちは 高田賢三(ケンゾー)、松田光弘(ニコル)、金子功(ピンクハウス)らしい。
スゴイよねえ…日本のデザイナーズブランド、キャラクターズブランドの錚々たる面子が集まってたんだから。
糸子役の尾野真千子さんは来週分の放送で終わりみたいで、ファンの人達が寂しがっている。
夏木マリもいい役者だと思うし、老け役を無理に尾野さんがやるよりいいんじゃないかな~と思うけどどうかな。

| | TrackBack (0)

お誕生日おめでとうございます!>坂田靖子様

今日は坂田先生のお誕生日です。
坂田靖子様、お誕生日おめでとうございます!!

あいにくせっかくの土曜に私は仕事で、あー今日はお誕生日だな~と思いつつ、会社の昼休みにtwitterで呟いて数名の方にRT頂いたりしてv
いつも書くけど、11歳年上、私が11歳の時にデビューされて私はその時にファンに、私の誕生日と坂田先生の誕生日の間は平年だと11日。(あいにく私はオリンピックイヤーに生まれてるので12日になってしまい、そこだけちょっと惜しいのですが)。
来年は坂田先生も節目の年で、もうなんでも盛大にお祝いをぶちかましたいような気分です。
萩尾先生も還暦過ぎてなおいっそうご活躍ですが(パリに招かれて講演とかされてるし!!)、ポスト24年組の旗手として坂田先生にもますますお元気でご活躍頂きたいです!

ゆうべはデータを打ち込みながら、坂田先生がコミカライズしたディケンズの「クリスマスキャロル」を再読して、あーイギリスのクリスマスだなあ!!と。
建物、食べ物、醸し出す空気の冷たさ、ごうつくばりの事務所の冷え冷えした暗い様子、貧乏ながらも明るい甥のパーティの明るい様子、空気の温度、室内の明るさ、気分が伝わってくる。
やっぱりこれがプロの仕事!とも思うし、上手いです。
最後、どーっと涙しながら、良かったな~という読後感に浸ってました。話はよく知ってるのですけどね。
坂田先生はご自身を絵が下手とかおっしゃるのだけど、一本のシンプルな線で伝わる表現力たら凄いですよね。諸星先生がインタビューでおっしゃってたのもよく分かりますもの。

本当に漫画家坂田さんと同じ時代に生きてて良かったですv
これからますますのご活躍を祈念しております!

| | TrackBack (0)

『マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編』

速いところでは既にもう書店に昨日から並んでいたようですが、今日発行です!
ずっとずっとこんな本が欲しかった!

『マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編』河出書房新社 発行

下記が内容紹介になります
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
内容紹介
萩尾望都、初の対談集。70年代の貴重な対話が一冊に。手塚治虫、小松左京、寺山修司、石ノ森章太郎、松本零士、美内すずえ、水野英子の豪華7名に加え、羽海野チカとの新規対談も掲載!

●第1章 手塚治虫   「SFマンガについて語ろう」
●第2章 水野英子   「私たちって変わり者かしら」
●第3章 石ノ森章太郎 「SFの話は延々尽きない」
●第4章 美内すずえ  「親愛なるモー様へ」
●第5章 寺山修司   「月で修学旅行の案内係」
●第6章 小松左京   「絵の理想型とは?」
●第7章 手塚治虫+松本零士 「マンガ、SF、アニメーション」
●第8章 羽海野チカ  「全部、萩尾作品から学びました」
≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫≫
萩尾先生はいろんな方と対談されていて、コアなファンはそうした雑誌などもおっかけてるとは思うのですが、若いファンの方は70年代の対談とかは入手も難しい。
こういう対談を集めた一冊が欲しいなー一気に読めるしとかねがね思っていましたが、とうとう出ました。
それも次々と素晴らしい特集号を企画編集、ヒットを飛ばしている河出の穴沢さんの編集で、図書の家でも小西と卯月が資料協力等お仕事させて頂いています。
(おまえは?という話ですが、なんせ平日会社員なので最初の方で少し意見を言ったくらいしか出来ませんでした~。もうちょっとお手伝いできれば良かったんですけどね。でもあの超強力二人の資料提供やキャプション作成等で仕事してるのをネットのやりとりで垣間見てましたが恐らく大変にいい出来になったろうと思いますv怒涛の仕事ぶりで、正直やりとり読むのもついていけてませんでしたがwパワフルだから~。)

70年代の対談に加えて今回新規に羽海野チカさんとの対談が入ったのが素晴らしく、司会とまとめは少女マンガ研究家のヤマダトモコさんがつとめておられます。ヤマダさんは萩尾先生にも信頼が厚く、お二人のマンガにも精通していてなおかつ穏やかな人柄ならではでお二人の対談の進行をされており、非常に読みごたえのあるものになってると思います。

2月22日というにゃんにゃんにゃんの猫の日に発売ということで、猫好きのお二人の対談が初めて世に出るのに大変ふさわしいですね!

萩尾ファンには必読の一冊です!
表紙がまた超秀逸なセンスなんです、祝発行!
61uublxovil__sl500_aa300_

マンガのあなた SFのわたし 萩尾望都・対談集 1970年代編


少し前に発行になっている萩尾先生のSF小説を集めた本もお薦め
音楽の在りて

エッセイなどを集めた本も!
一瞬と永遠と

| | TrackBack (0)

『死せる王女のための孔雀舞(パヴァーヌ)』佐藤史生著 復刻!

佐藤史生さんが亡くなられてもうすぐ二年、いわゆる三回忌が近づきます。
今年4月中頃に復刊ドットコムから『死せる王女のための孔雀舞(パヴァーヌ)』が復刻されるそうです。
現在予約受付中!詳細はこちらから↓
http://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68320255

復刊ドットコムの紹介ページから引用します。
≫坂田靖子氏・竹宮惠子氏 推薦!
佐藤史生12年ぶりの単行本、ついに刊行!

2010年4月に急逝した漫画家・佐藤史生。
「別冊少女コミック」からデビューした後、SF、ファンタジーの要素を巧みに取り入れた作品を多数発表するも、2000年に刊行した『魔術師さがし』(小学館)以降は新作が発表されていませんでした。
佐藤氏は、1970年代に現れ日本の少女漫画界をリードした少女漫画家たち、いわゆる “24年組”に対して、年齢や作風から“ポスト24年組”の一人として数えられている作家の一人ですが、少女漫画の枠に当てはまらない独自の世界を築き上げたことで、漫画ファンの記憶に長くとどまり続けています。
三回忌にあたる今年、復刊ドットコムでリクエスト投票の多い『死せる王女のための孔雀舞(パヴァーヌ)』に、未収録作品を追加した新たな作品集を、いよいよ刊行いたします。
巻末には、24年組の拠点で“女性版トキワ荘”ともいわれる「大泉サロン」の主宰者で、長年親交の深かった増山法恵氏による解説を特別収録。
人気連作“七生子シリーズ”、代表作『ワン・ゼロ』の原型となった「夢喰い」、そして貴重な初期作品「一角獣にほほえみを」「マは魔法のマ」の2作品も収録した作品集です。

▼収録作品
雨男/死せる王女のための孔雀舞(パヴァーヌ)/さらばマドンナの微笑/我はその名も知らざりき/夢喰い/あとがき 「秘数的なお話」
★単行本初収録: 一角獣にほほえみを/マは魔法のマ

解説:増山法恵

コミックス初収録の同人誌作品「一角獣にほほえみを」「マは魔法のマ」の2作品が収録されるというのは素晴らしいですね。
佐藤さんは寡作な方でしたし、これを手始めに是非シリーズで復刻が続いて全集的にまとまるとさらに良いなあと思います。

ところで、この情報をtwitterで呟いたら(私のとこには復刊ドットコムからの案内メールが来たのですが)、図書の家のもよさんが「一角獣にほほえみを」のタイトルの誤字が気になる、とリプライしてきました。
ん?誤字?なんだっけそれ…と私も手元の作品を確認しましたらば、なるほど、手書き文字で書かれたタイトルの「ほ」の字の上の方が突き抜けていて正しい「ほ」ではないのですね。
佐藤さんがご存命なら今回の収録にあたりご自身で直されたり、もしくは活字のタイトルにされるかもしれないけど、亡くなられてるのでそのあたりは編集さん判断なのかな。
解説が増山さんということなので増山さんや竹宮先生に相談されるのかなー。
中のセリフも手書きだから、逆にそのまま収録の方がファンには良いのかもしれないし、でも読みやすさでいけば活字で貼った方が読みやすいとは思うし…
さてどう収録されるのかも含めて、この復刻は大変に楽しみです!
早速復刊ドットコムに予約入れました。
一応数に限りがあるようなので、往年のファンの方も、興味あって佐藤作品を知らない方もぽちっとどうぞ!

…大泉サロンの主宰、という表現はやっぱちょっと気になるなw(主宰ってのは明確な組織があってこそで、大泉サロンは単に通称だし…。まあ増山さんの紹介の仕方は確かに非常に難しいとは思いますが。)

| | TrackBack (0)

1円の古書

これもサカタボックスの話から。

ネット通販の中古で1円とかついてるのは、むしろかかる送料の実際との差額でなんとか利益上げてるのではという気がしますがどうなんでしょう。いずれにせよ赤字になるような作業はしない筈なので遠慮なく申し込んでいいと思いますー。何を読みたいと思われたのかな~というのが気になりますv

清水玲子さんの『秘密』は連載当時から話題だったのですが、私もかなり好きな作品で、作品・作家紹介を書かせて頂いた『日本幻想作家辞典』の中で清水さんの項を担当させて頂き、『秘密』についても紹介させて頂いています。日本幻想作家事典

私が紹介を書いた時は『秘密』についてはコミックスが1、2巻出てたかなというくらいでしたがその後も順調に巻を重ねてH23年度のメディア芸術祭優秀賞を受賞されています。
http://plaza.bunka.go.jp/festival/2011/award.php?cat=manga&no=4

(その前の2002年には「輝夜姫」で小学館漫画賞を受賞されています。が、清水さんは長編は若干、物語の整合性が取れなくなってけっこう大変なところもあって、個人的には短編の方が好きな作家さんです。画力は物凄い方なのでむしろ絵を描く方に取られてしまっているようなところがあった・・・。でも「秘密」は長い大きな流れと、オムニバス的に短くまとまる話とがうまく噛み合った上で清水さんの画力を大変に活かしているので、清水作品の全作品の中でも非常に好きです。)

ぽつぽつと抜けてる坂田さんの作品データを打ち続けているので再読したりするのですが、坂田先生の絵は私は本当にどれも好きなんだな、と実感します。
『タイニー・ポムポム』に収録された作品群や後で朝日さんからまとめられた『海に行かないか』に収録された作品群などはどうも小学館の編集さんには冷たい扱いだった気配がするのですが(「ファイン・ブリーズ」という作品のタイトルを間違ったまま入れられてるとか、全然校正してないんじゃないの?どうなの?ちょっとひどい話なんですが;「ファイン・プリーズ」じゃ全然意味分からないよ?)
再読してみても、例えば針箱の中の姫君のキュートなこと!
話も短い中に桜の樹の精と狸さんの文通の微笑ましいラスト、「ファーストクリスマス」なんてけなげな男の子に涙出ちゃったし・・・。
そんでジャイブ社さんの『へだたり』の作品タイトルなど打ちながら再読してたら、小学館さんには返って『JUNE』で書かれていたようなこの系のを描かれていたら良かったのかもな~と思ったりしました。
私は編集さんじゃないから分からないけど、なかなか分かり合えない担当さんというのもいそうです;

余談ながら、うちの会社でたまに官公庁に営業することがあって取引が発生するのですが、官公庁に限らず民間も当然そうですが、同じ話するのでも相手の担当者次第です。いい担当者にあたるかあたらないかは大きい。
相性もあるし、取引生じてからも相手の呑み込みの悪さ段取りの悪さに振り回されることあるし、逆に素晴らしくいい人にあたると段取りも良くて仕事しやすくて感激しちゃう、なんてこともあります。

仕事出来なくても感じいい人のがいいと良く聞きますが、
私に言わせれば性格いい人は仕事も出来ます、なぜならば相手の立場に立てる人のことを私は「いい人」と思うから。相手の立場に立って物事を考えられる人は段取りもいいし、無茶も言わない。そんで、有能な人は逆に自分の側の線引きもきっちりしてるからダメなとこはダメというし、きっちりしてますから。
性格悪いけど仕事出来る…これはどこを持って性格悪いとするか次第なんでなんとも言えないけど;こっちのことは考えないけどきっちりはしてるというならないわけではない。
同じ役所でも担当官変わるとすぱっと仕事しやすくなったり逆もあるんで、役所相手は油断ならんです。

| | TrackBack (0)

ネタばれの話

坂田先生がサカタボックスで「ネタバレしてでも熱い感想を書くという風潮が最近はないのだろうか??」という話を書かれていて、私自身も先回の最終回の感想、あまり大したことを書いていないのは、やはり未読の方に遠慮してというのがあるんですが
私の知る限りでは、やはり現在のネットではネタバレを嫌う方がかなり多くいる、という厳然たる事実ですね。
ネタバレを押して何か書くには書き手に相当な覚悟がいるので(おおげさ?)、書くなら時間かけて熱い思いをまとめたいとも思うし、それはしかし片手間には出来ないのでいっそ書かない、という側面もあります。
あれだけの大作のラストにちゃちゃっと感想なんて書けないですよ。l
正直、色々な思いがぐるぐるしちゃうし、「今は多くは語れない」なんてちょっとかっこつけといた方が良いかなって。いやもうホントいろいろ言いたいのは言いたいですよ、どうしてくれよう、ってとこもありますよ(意味不明)。ヴァルちゃんかわいすぎるじゃないか、とか。
「ゲド戦記」思い出しましたとか(というか最終回の前にちょっと思ってました)。


まあ私も書く時には「ここからネタバレ注意」として数行空けて書いたりすることもあるし、それでいくと「図書の家」で二度上げたデアボリカの紹介もネタバレ半分なのでよかれあしかれ、という感じで。
ラストの話はどう終結したかというのを一切書かずに感想は書けないので、もうこれは下手なことは書くまいというのが先に立ってしまいました。
アクセス解析見ても「デアボリカ」で検索してここ読んでいく人はけっこういるので、そういう方達がうっかり全部読んじゃっても物語を楽しむのに差し障りがないようにはしたいなとは思ってます。

twitterでは特にリアルタイムで見ておられるドラマの感想などがガンガン挙がっちゃって、後で録画してみようと思ってると、なんだか展開がおおよそ伝わってきたりもするので本気で録画楽しみたかったらやっぱ書き込みは読まない方がいいのかもしれないのですが
半分くらい洩らされてる「ををーー××が!!」などの呟きの意味を後で見ながら、あの時のTLの意味はこれだったか、と知りながら見るのもまた一興という面もあるのでこれもまた良かれあしかれです。

私が見る限り自営業の方にはtwitterでどの時間もまんべんなく相当数呟く方いるので、時間吸い取られて大変かもw
私は会社員なので呟ける時間がはっきり決まってるので逆にかっちりコントロールできるのいいのですが、自由に時間が使える人には危険なツールかもしれません~。

| | TrackBack (0)

『デアボリカ通信(5)』には新刊情報*坂田靖子*

坂田靖子さんから「デアボリカ通信(5)」が届きました!
これは前にサイトで申込者を募集して下さって(通信費有料)応募した方に不定期にくる郵便物です。
通信費もおおざっぱな支払いでしたので、もう全然坂田先生の負担が大きいと思うのですが。
今回はヴァルカナルの可愛いエプロン姿?作業着姿のカラーイラストのポストカードが付いていて、さらに雪の形の切り紙が封筒の中に入っていて開けたらはらはらと雪が落ちててくるような仕掛けでした。
金沢の雪のお裾分けという雰囲気でたいそう粋でした!
私のところに来た封筒には切手が越前ガニでして、冬の北陸のカニのお裾分け?も。細やかな心遣いに満ちた通信には毎回感動ものです。(しゃれっ気も含めてちょっとニヤリとしちゃうようなv)

それで今後の新刊情報が書かれていたのですが、朝日新聞出版さんからの『ベル デアボリカ』の3巻は5月~6月になりそうとのこと。それでページ数の関係で完結巻は第4巻に持越しされるようです。まだ色々調整中とのこと。をを、全4巻なのですね!と通信読んで打ち震えておりました。
いやいや番外編もっともっと描いて頂いて4巻、5巻とさらに長くなってもファンは全然喜びますよ!
既刊は下記より
ベル デアボリカ 1 (ASAHIコミックス) (あさひコミックス)

ベル デアボリカ2 (あさひコミックス)


あと、ジャイブ社さんからのセレクションが好評みたいで今度3月7日頃に「サカタさんのおばけ屋敷」というセレクションで出るらしいです。モンスターじゃなくてユーレイの方らしいv
サカタさんのおばけ屋敷坂田靖子よりぬき作品集 (ピュアフル コミックス)
嬉しいですね~~。楽しみですね~。
3月9日には萩尾先生の「なのはな」も出るらしいし、ファンにとっては春の贈り物!という感じです。


ジャイブ社さんのセレクションは毎回紹介時にしつこく書いてますが、坂田先生の自薦というのが大変にポイントが高く、今まで読んできた短編も坂田先生がこのように一冊に編んだというのがまた本として嬉しい。それに一篇ごとに描きおろしのコメントが入っていて私はもうそのコメントページの為だけでも買いたい本です。
これまでの発行は

サカタ食堂 坂田靖子よりぬき作品集 (ピュアフルコミック)

へだたり 坂田靖子よりぬき作品集 (ピュアフルコミックス)

オレンジとレモン 坂田靖子よりぬき作品集 (ピュアフルコミックス)

サカタ食堂 おまかせ定食坂田靖子よりぬき作品集 (ピュアフル コミックス)

| | TrackBack (0)

彩の国ビジュアルプラザ「漫画のちから」に美内すずえ先生

彩の国ビジュアルプラザイベント案内というのが先週の金曜日に届きました。以前に萩尾先生がトークショーに出られた際に見に行ったのでそれで届いたらしいです。
定員300名とあって先着申込みで定員がいっぱいになったら締切みたいです。
が、今月25日のお知らせが先週届いたのを見るとまだ空きがあるのでは?
申込みは電話もしくはファックスとありますので、下記HPで詳細をご確認の上、興味のある向きは是非お問い合わせしてみてください~。

こういう内容です。
詳細はhttp://www.eizou.pref.saitama.jp/library/event/event.html
≫平成23年度第三回コンテンツ活用講座
リポートとトークショー
漫画のちから ~原稿保存とデジタル・アーカイブ~

日時 平成24年2月25日(土) 14:00~16:00  開場13:30
会場 SKIPシティ 彩の国ビジュアルプラザ4F 映像ホール
リポートとトークショー
14:00~14:30 リポート
     リポート『原稿保存とデジタル・アーカイブ』
     リポーター:鈴々舎 鈴之助氏(落語家)
14:40~16:00 トークショー
     ゲスト:美内すずえ氏(漫画家)≪

それでサイトを確認していて気が付いたのですが、サイトのこのページでは平成23年2月25日となっているのですが、チラシでは平成24年2月25日となっているので、上では平成24年としました。
多分年度が平成23年度なので、それにつられてしまったのか開催日の入力が間違っているのだろうと思います。(2012年2月12日AM9:46 現在)

美内すずえ先生のトークショーなんて聞いてみたいのは山々なんですが、あいにく25日は仕事なので行けないのですが、興味のある向きには是非お問い合わせの上で行ってみて頂きたいです!


定員に空きが出ているとしたらもったいない話だなあ…単に私のところへの案内が届くのが遅かっただけならいいんだけど。

| | TrackBack (0)

« January 2012 | Main | March 2012 »