« May 2013 | Main | July 2013 »

「のちの物語」(『ベル デアボリカ』)掲載!

ハーレクイン社から発行の『夢幻燈 Vol.2』出ました!
私は早々と職場近くの書店に予約入れておいたので確実に入手。
坂田ファンの皆様、是非是非掲載誌でチェックしてアンケートにご参加くださいね~~!
プレゼント企画もありますよ。
詳しくは公式サイトにて!
Vol.1を買い損ねて第一回を読み損ねてる方には電子書籍の販売もありますよーー!

http://www.mugentou.com/comicguide/%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%81%AE%E7%89%A9%E8%AA%9E-bel-diabolica-2/

FBは下記
https://www.facebook.com/mugentou


そもそも「ベル デアボリカ」を読んでいない坂田ファンの方は是非1~4巻出てますので要チェック。
発行は朝日新聞出版社
とりあえず私のデータサイトのトップを見てください。
http://homepage2.nifty.com/~haneusagi/sakata/

下記、ネタバレ含みますので未読の方は読まない方がいいです!


シリアス長編のラスト前のお話ということで、魔力を失ったヴァルちゃんが大変な危機に遭っていますが、死ぬことなど恐れていないヴァルちゃんなので、まったく落ち着いています。しかし危機は危機。
しかしヴァルちゃんの異変に気付いたのはさすがにデボンの大公なのですねえ~、奥方とのツーショット、久々に見れて何よりですwなんとなく私には憎めない大公ですw
デボンの奥方と忠義なじいさんとその賢い孫娘等々のエピもいろいろありそうで、ホントにこの物語は掘れば掘るほど読みたい部分がたくさん。
今回はヴァルちゃんがいかにツヴァスを愛してしまっているかという吐露もあり(バカだバカだと言いながら、ですけどw)ここからどう形勢を逆転するのか知恵と策略とはどういうものか見ものです。
が、季刊なので次に読めるのは秋ですよ、秋;厳しいなあーーー。

雑誌自体はファンタジー作品を集めたものとして非常に面白いです。
看板としては秋乃さん、中貫さん、池田さん・・・ですが、コミックスを買ったことはなかったですが、面白く読みました。そのほか竹本さんや諏訪さんの作品も好きなので、いろいろ読めていいです。


坂田作品の掲載誌としては「Jour すてきな主婦たち」もありますが、こちらも名香さんとかいつも面白くて、基本的に私は坂田作品が載らないと買いませんが(←ここ大事w)、買うと全部楽しんで読みます。
雑誌の購読者層は看板作家の方が受けがいいかもですが、コミックス買うようなファンとそういうファン層は別なんですよね、多分。そこのかい離が微妙なところで、やっぱり応援してる作家さんが掲載されてる雑誌はできるだけ買わねば応援にならんな!とは思ってるところです。
掲載が続きますよう、もっとページ数が増えますようw(まとめて読みたいじゃないですか)、表紙もカラーの方がいいな、とか。
アンケートもハガキも付いてないのでちょっと敷居が高いのですが、出しましょう出しましょう~。

| | TrackBack (0)

「あまちゃん」感想 

NHK朝ドラ、ますます盛り上がっています!
あれだけ東京に行きたがっていたユイちゃんが残ることになり、東京に行きたくなかったアキちゃんだけが奈落で頑張ることになる流れも無理がなく(ユイちゃんが一緒に上京して…だとたぶんどっちが主人公か分かりにくかったかも)、想像通り東京ではいじめに遭ってたんだな、というのが判明する場面もあり~の、アイドルを目指す人たちの下層の方は本当に大変な生活だというのとかも、重くなりすぎずコミカルに持って行くその脚本と演出の上手さよ~。
お父さんとお母さんの過去もちょっとずつ出てきてますが、その出し方も絶妙。

1984年という年が一つのターニングポイントとして繰り返し回想で出てきますが、実はこれは私が20歳の年です。
生まれた1964年は東京オリンピックが開催された年なので東海道新幹線開通やら首都高速開通やらがあり、高度経済成長期の象徴的な年なのです。そして20歳を迎えた84年ではバブル期に入っていく頃です。
いろいろターニングポイントになる年というものはあるもので、小泉今日子演ずるところの過去にアイドルを目指し挫折したアキのお母さんが過ごした時代、お母さんは時代の流れの節目、いわば潮の流れの変わり目に翻弄されたとも言えます。
逆にどうということのないアキが上手くすれば時代の波に上手く乗ってアイドルになれるかもしれない。
ちょっとしたタイミングが運を分けるというのは現実にもよくある話で、そして人と人の出会いもそういうちょっとしたことの積み重ねで流れを作っていくのだなーというのが分かります。

この朝ドラは各世代それぞれに楽しめるようにいろんな仕掛けがあって、それが分かる人も分からない人もそれぞれに面白いというのが素晴らしい!
これからも非常に楽しみです。

| | TrackBack (0)

« May 2013 | Main | July 2013 »