« February 2015 | Main | June 2015 »

近況~

ひええ、前回の定期演奏会の後、全然こっち放置してたー!
もし気にかけて下さってる奇特な方がいらっしゃればすみません。私は至極元気にやっております!

定演の後、けっこういろいろあって、ばったばったしてました。
たまにアマオケ活動記の方は更新してますので、もし気にかけてる方いらっしゃればそちらも覗いてみてください。音楽以外のネタもついそっちに書いたりしてます(昔はもうちょっと分けて、音楽以外はこっちに書くようにしてたりしたんですが!)
http://blog.goo.ne.jp/amanoakimi

まず、忙しかった一番は、米沢記念図書館での三原順復活祭関係です。
イベントが近くなったらこちらに再度何か紹介を、と思っていたら関係者の活動の成果もあって、予想以上に人が集まりそうな気配だったので、アクセスは少ない日記だけどあまり宣伝は書かない方がいいかと止めておきました。
まずは3月21日に、今まで三原本の復刻運動などにそれぞれの立場で関わってきたファンのトークイベントがありました。それを群馬から遥々聴きに行ったのです。
当日は本当に凄い人。二階のイベント会場は満杯で1階の方にモニタおいてくださったので、そちらで立ち見しました。大盛り上がりです。

その後の打ち上げ。
打ち上げは幹事役の雛霰さんが出席確認をする間に思いのほか話が大きくなって、結局館のヤマトモさん始めそちらの関係者も一緒にという話になり、幹事役の雛霰さんは当日のトークイベントの登壇者でもあったので、受付や進行等の手伝いはこちらでせねば、という感じに。
そして勢いでなぜか私が当日の司会進行役をやる流れに(っちうか、そこまで大きな会だと進行役いた方がいいよ、と言った手前、自分がやることになったのですな、はっはっはw)

私個人は、久々の三原仲間の宴会だー飲むぞ~~ともう去年、話がオフレコで決まったあたりから飲むことに掛けていたんでしたが、前日まで進行どうするか受付どうするかなどなどでいろいろ忙しかったです。
でも、三原先生の元の編集担当者で「はみだしっ子」というネーミングの生みの親でもあり、元白泉社社長の小長井氏や、今回の三原文庫本の編集担当者の前田氏、イベントの企画者でもある藤本先生、館の担当者・ヤマダトモコさん、米沢記念図書館の、故・米沢氏の奥様でコミケを現在も支えていらっしゃる米沢英子さん、マンガエッセイストの川原和子さんもご出席、さらにはトークイベント登壇者全員=笹生さん、雛霰さん、たてのさん、ごだまさん、柴崎さん)、前回のファンによる原画展のスタッフ関係も集結、FBの中の人も参加、
それ以外にも宴会やるよとツイッターなどでも告知した結果、なんと最終的には50人の参加者。
(事前の確認段階で40人、予約自体は10人くらいさらに増えてもOKと取れてたので問題なし!)

どんどん人数が膨らむ気配の段階で、「これはもう結婚式の二次会イメージでぱーっとやっちゃろうじゃないっすか」と雛さん始め気心知れた仲間内で受付の仕方などから事前に打ち合わせ、藤本先生や米沢さん、ヤマトモさん、川原さんには宴会の途中でお話をお願いします、と私の方で事前にメッセも入れ、当日いらした小長井氏、前田氏にはヤマトモさんが話を振ってくださり、その日そこの宴会会場に来た人にとっては本当に貴重ないろいろな話が聴けて、会場は大いに盛り上がったのでした!
進行役としては、あまり飲み食いも話も出来ず(酒好きなのにw)、そこは残念だったのですが、でも皆さんが本当に楽しそうに盛り上がってくださって、終わった後「楽しかった、くつろげた、皆さんお疲れ様」と皆さんが口を揃えて宴会スタッフをねぎらって下さったので、トークイベントの成功、ならびに宴会の成功を祝ったのでした。嬉しいですね。

それで一息ついた後は今度は本業の仕事が月末月初で忙しくなり、4月4日は私も大好きなヤマザキマリさんがアンジーについて語るという講演会が明大の会場でありましたがそちらは断念。
オケの方も5月の本番に向けて、きりきり絞られている最中でございます;

その合間、皮膚炎の方がどうやら終息に向かってきた義母が今度は口腔がんの疑いとかいうのが出てきましてなあ~、総合病院の方に検査を受けることに。ちょっとまあ大変ですが、本人相変わらず食欲も落ちず、痛みはないらしいので、なんだかそんなに蒼白でもないです。

坂田先生の掲載誌が出ているのにその宣伝活動も思うようにしておらず、更新もしてないので反省の日々。
うう、「ねこあつめ」にハマってる場合じゃないのかもw(←仕事の合間にスマホで「ねこあつめ」というアプリで癒されてる日々なのです。)

もうちょっといろいろ整理して三原本、並びに坂田作品の宣伝活動も頑張りたいと思っています!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« February 2015 | Main | June 2015 »