« 「アイアン・グランマ」 | Main | 乳腺症? »

『総特集 坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き』

ともかくさすが!!というべき一冊です。
私のデータベースは実はミスだらけ穴だらけなんですが;;(すみません、すみません)
図書の家さんで 全部の作品を実際に当たり直されています。
それだけでも相当な労力だったのは想像がつくと思います。なんせ作品数が600ですよ!!

カラーがいっぱいで嬉しい一冊というだけでなく、凄いとこが多すぎます。
まず坂田先生のロングインタビューが凄い。
萩尾先生との対談もびっちり入っててこれも両方のファンにとって感涙ものでした。大泉サロンのことが改めて語られて、ちょうど竹宮先生の本も話題ですし、改めて24年組とそのポスト24年組が話題になり、作品が復刻されたり、再度出版されたりする流れになっていけばいいなあと切に願います。

萩尾先生の応援のために坂田さん達もたくさん手紙を書き続けたというのは萩尾先生が何度か語っておられたので知ってました。その手紙が残っていれば是非見せて頂きたいものだと長年思っていましたので、今回写真(原画展では現物も展示されてたようですが)で拝めてこれも長年の夢が果たせた感じです。
肉筆ラヴリの話も 青焼きコピー誌の前身は肉筆回覧誌だったのはそれまでの坂田先生の話の中で出てましたので存在は知ってました。残ってるとしたら坂田先生の手元ではないかとずっと思ってたので、それも今回現物が出てきてこの本に写真が記載されて素晴らしいと思いました。

そしてインタビューにしても対談にしても必要な情報が補足で図版入りで入ってるところがさすがの図書の家さんのクォリティの高いところです。これまでの河出書房新社の萩尾望都特集本でも三原順特集本でもすっごく行き届いていたんですが、今回もまさに痒いところに手が届く情報補足っぷりです。
この一冊は漫画家40年を迎えられた坂田先生にとっても本当に素晴らしい一冊だと思います。
貴重な時間と労力を割かれた皆様に一ファンとして感謝したいと思います。

あ、データの方もリストを元に訂正しなくちゃなんですがおいおいやっていきます。何か私のデータとの食い違いがあれば本のリストの方が正しいということです。
今回療養中に時間があったのに、老眼がかなり進んでいて&再び腱鞘炎の気配があって;作業がままならない今日この頃なのです;;なんか殆ど体力と気力との兼ね合いだなあという感じです。
幸い、図書の家さんのサイトの方に今回のリストはUPされるそうなので、そういう点では安心です。

WEBのリストサイトというのはこんな風にヘボいながらも続けることにまず一番の意味があるのではなかろうかと私自身は思っているので、生温かい目で見守って頂ければ幸いです。
もろもろの行き届かなさについては自分の怠け具合とスキルの低さを皆様にお詫びするばかりです。

原画展に足を運べなかったのは残念ではあったのですが、原画展で販売されたグッズは通販も開始されるそうなのでその情報を待っています。絵のセレクトとか素晴らしいグッズなので、欲しいものがいっぱいですv
通販についての情報は4月1日に挙がる予定と河出書房新社の編集さんがツイッターで書かれていたので欲しい方は下記サイトをチェックしてください。
http://www.span-art.co.jp/exhibition/201603sakatayasuko.html

なんとなく京都でまたやってくれないかなーと期待してます。金沢でもいいんだけどなあw
旅行兼ねて行ければ楽しいぞv と思いつつ。

ともかくも、この一冊は坂田ファンには必見、坂田ファンならずとも、コミックファンの方には新たに坂田靖子というベテラン漫画家の魅力を知って頂くにも素晴らしいガイドブックと言えましょう~。

『総特集 坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き』


5112eijlrbl_aa160_


|

« 「アイアン・グランマ」 | Main | 乳腺症? »

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93364/63371502

Listed below are links to weblogs that reference 『総特集 坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き』:

« 「アイアン・グランマ」 | Main | 乳腺症? »