« 星新一フェア | Main | 皆川博子著『開かせていただき光栄です』 »

祝!同時刊行 小玉ユキ『ちいさこの庭』『よみきり集 宝石箱』

今度映画も公開間近、『坂道のアポロン』原作者小玉ユキさんの新刊『ちいさこの庭』読みました!

掲載誌でずっと読んでいたのですが、まとめて読むとまた一段と良いです。
恋を知らない人間か死にゆく人間しか見えないという<ちいさこ>。
彼らが見える間と見えなくなる瞬間、その境い目。訪れはいきなりで切ない。
これが物語に絶妙に織り込まれていて、胸がきゅーん!!となります。
子供の頃、思春期の頃、恋を知ってから、大人になってから、それぞれの視点で読めるのは私の年齢だからでしょうが(笑)、
忘れていたそれぞれの時期のピュアな想いがあって心に沁みます。
見えなくなったらなったで、というのがまた一段と深いです。
小玉作品で私が好きなのは、すっごく上手いのにどこか力が抜けた自然な惚けた味わいがあるところです。たぶんとても自然ににじみ出る作家さんのお人柄の良さからではないかと思ってます。
通して読むとつながっている関係もあって、それもまた本当にいいです。
子供の頃に読んだ、村上勉さんの絵、佐藤さとるさんのコロボックルシリーズも懐かしく思い出しました。

そしてまさに宝石箱のような『小玉ユキよみきり集 宝石箱』

トリビュート企画やWEBコミックなどに掲載されたコミックス未収録作品を集めて下さった一冊です。


読み損ねていた作品もあったので、感謝の一冊でした。
藤子・F・不二雄先生のムック本に寄せられたキテレツ君も最高でした~、私の頭の中で、アニメの主題歌が弾けましたw思わず歌っちゃったりして。
(はじめてのチュウ~もコロッケの歌も本当に名作なんですよね。キテレツよくアニメで見てたんですよー)
ほんとコロスケ可愛いよお~~!!

メガネの人魚。これもいいです。
私にとっては人魚が出てくる作品でまず思い浮かぶのは赤いロウソクだったり、高橋留美子さんのちょっと怖い人魚だったり、山田章博さんの雰囲気満載の人魚變生だったり、まずはほの暗い話が多いのですが、小玉先生のは「光の海」切ないけどどこか明るいのです。
(初期の『光の海』『羽衣ミシン』でどこか惚けた味わいのあるファンタジックな世界に惹かれてファンになったのでした。)
生命力に満ちて強いし明るいし楽しいし、それでいて淡く切ない!

チャリティで描かれた作品も難しい感情の中で素直に感動しました。

それにこの二冊、彩度を抑えた表紙の色合いがすごく好みで二冊並んだ時に帯の紙質も相まって装丁がとても素敵です!関わった方々の愛を感じました。
買った書店でも平台に並んでいました!

小玉ユキファンには見逃せない二冊同時刊行、お薦めです~。
Tiisako_4


映画公開ももうすぐですね、とても楽しみです!

内村MCのスクール革命で見ている限り、主役のT念君はすっごく運動神経が良くてなんでも卒なく難なくこなす凄い人です。その凄さはあまりに難なくこなすのでその動作が実は簡単なんじゃないかと錯覚させてしまうレベルなので、本当は一般にはこれだけ難しいという比較でいつもY君が当て馬のように同じことをさせられて、ああ確かにとても難しいのだなと思える、というそのくらい右脳的な天才肌の人だと思っていたので、ピアノを弾いてるのを見て覚えて弾いちゃうとかの話も納得でした。

|

« 星新一フェア | Main | 皆川博子著『開かせていただき光栄です』 »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/93364/66401057

Listed below are links to weblogs that reference 祝!同時刊行 小玉ユキ『ちいさこの庭』『よみきり集 宝石箱』:

« 星新一フェア | Main | 皆川博子著『開かせていただき光栄です』 »