« March 2019 | Main | May 2019 »

抜歯!

昨年、一年に一回は歯石取りに行っていた歯医者さんで歯周病のチェックをされたところ「おかしいなあ、歯周病はさほど進んでないのにここの歯、ちょっとぐらぐらするんだよね」

でもそういう、なんでかなあ?という曖昧な調子だったので、歯間の掃除をもっと丁寧に、ということで去年は終わったのでした。で、昨年半年くらいはすごく真面目に歯間掃除していたのだけど、出血もしないし大丈夫かなーと油断していつも通りの歯磨きになっていたら、今年になって風邪を引いたらそこの部分の歯茎が腫れた!風邪が歯に来たー;;

幸いさほどは痛みはなかったのだけど、風邪のせいと思い内科に行ったら「もう腫れも引いてきてるし抗生物質は不要だけど、歯の状態はレントゲン撮らないと分からないから歯医者には行ってね」と。まあ普通そうだw それで普段行く歯医者さんは設備も古いので、ちょっと新しいところをネットで探して行ったのでした。そしたら、「歯周病のせいもあるが、寝てる時の噛み合わせの力のせいもある。(←ここの説明が前の歯医者さんと違う説得力)。残念ながらもう歯の根の回復は望めないから奥歯だし抜いた方がいい」ということに。治療の順番としては奥歯は抜く→睡眠時の噛み締めで(多分ストレスかな)で歯に与えている力を緩和するために眠る時はマウスピースを使う→上の前歯の右側(差し歯)が古くなっているので換えた方がいい、などなど。やることいっぱい。歯石は最初の二回で取って貰いました。

今までの歯医者さんより新しい設備を入れて色々勉強されてご夫婦で歯医者さんやってるので、初回奥歯のレントゲン以外にも口の中の全部のデジカメ写真撮影もされた。その写真の状況を見せられつつ、現在こうだからこういうことが必要でそれには、といろんな選択肢を用意され、自分がどこまでやるかいくら掛けるかなどなど考えつつ。抜歯の際も治療の説明をちゃんと受けて承認したという書類にサインしたりなど。めっちゃきちんとしてる。選択肢があるだけに了承を得つつ進めないと後でトラブルになったりすることもあるんだろうなあ。私もできれば抜歯せずに様子を見たい気持ちもあってもう一回いつもの内科医に相談したら、「抜歯せずにやる治療は保険適応外でないわけではないが、それはまた違う歯医者に行くのも手」ということを言われた。「相性もあるから探したら?」というわけだ。でもそこまで相性の悪さを感じたわけでもないので、また予約通り伺って、でも念のため抜歯の前に「抜かずにやる治療というのはどうですか?」と聞いてみたところ「残念ながらあなたの歯根の状態から行くとそれは高い割にはどこまで保つか、というところなのであまり勧めない」とのことで、色々手はある中ででも私の状態では抜いたほうがいいとおっしゃるのだからと納得して覚悟を決めて抜いたのでした。

さて、抜いてみたら麻酔も上手かったし、抜く時も丁寧で痛みのないようにして下さってて、抜いた後はレーザー処理して<昔はなかったよねえ)そのおかげか結局痛み止めも飲まないで大丈夫でした。出血は少し続くかもと言われていたのにほとんどなくご飯も普通に食べて夜もぐっすり眠れて。良い歯医者さんにあたったかも!!

つぎは噛み締め緩和のためのマウスピース作りです。

|

『芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚』岩波書店

Img_0299

読書家の知人のSNSにこのタイトルが挙がってて、面白そう!!と思って読みました。芥川龍之介が旧制高校の学生用に選んだ英語読本がそもそものこのアンソロジーの土台らしい。当時芥川が新しいと感じた英米文学、その中でも幽霊幻想怪異譚で現代でも面白く読めそうなものをと編まれたのがこの本。澤西祐典氏、柴田元幸氏の翻訳・編集なのだが、各編に芥川が付けた序文を紹介しつつの解説付き。この解説が興味深く、当時の芥川の考え方や秀逸なセンス、さらには芥川作品に及ぼした影響を感じ取ることが出来る。

芥川研究、近代文学研究の学生さんは是非読んだ方が良い一冊です。

中でもアンブローズ・ビアスの「月明かりの道」は芥川の「藪の中」につながるような一編で、はわわ〜!!って感じです。「藪の中」は素晴らしい一編で大好きなのだけど、これにこんな先駆作品があったのかあ、と。幽霊譚が多いのも幽霊好きな英国文化ならではで、先日Kindleで二度ずつ読んだハリポタ全編でも先祖の霊が手助けしてくれるという場面があったなーと思い出したり。イギリス好きの坂田さんにも幽霊が出て来る作品はいっぱいあるけど、タイトルもそのものズバリの「幽霊」というジュネ作品で戦場にいる主人公の前に、爆死した親友がにこにこ出て来る話などあったなーと思い出したり。余談ながらこれがなぜジュネかというのが「無事に帰国したら2人でガソリンスタンドをやる予定だった」というモノローグこの一行で分かる人は分かる、というやつなのです。閑話休題。

芥川の翻訳家としての仕事の紹介もあり、イェーツの「春の心臓」。これがもう芥川ならではの研ぎ澄まされて淡々とした美しい文章で、うはー!!という感じでした。私は読んでてイェーツといえば萩尾望都作品だなあと思ったり、坂田靖子の「月と博士」みたいーと思ったりしてました。さらには全編ではないけどアリスも訳していたらしい、というので紹介があり。菊池寛といっしょに翻訳してたらしい。さすがに早いなあ。ここでは芥川が翻訳した部分を紹介。芥川はものすごい読書家で、洋書もものすごいスピードで読んでいってたらしい遅読の私には羨ましい限り。

ともかくも色々と興味深いお勧めの一冊なのです。そうそう、芥川といえば『重版出来!!』の松田奈緒子さんの描いた『えへん、龍之介。』文豪たちの交流や生活が生き生きと描かれていて素晴らしいので合わせて読むと良いと思います!

 

 

|

« March 2019 | Main | May 2019 »