« 冷蔵庫を買い換えました | Main | 抜歯! »

『芥川龍之介選 英米怪異・幻想譚』岩波書店

Img_0299

読書家の知人のSNSにこのタイトルが挙がってて、面白そう!!と思って読みました。芥川龍之介が旧制高校の学生用に選んだ英語読本がそもそものこのアンソロジーの土台らしい。当時芥川が新しいと感じた英米文学、その中でも幽霊幻想怪異譚で現代でも面白く読めそうなものをと編まれたのがこの本。澤西祐典氏、柴田元幸氏の翻訳・編集なのだが、各編に芥川が付けた序文を紹介しつつの解説付き。この解説が興味深く、当時の芥川の考え方や秀逸なセンス、さらには芥川作品に及ぼした影響を感じ取ることが出来る。

芥川研究、近代文学研究の学生さんは是非読んだ方が良い一冊です。

中でもアンブローズ・ビアスの「月明かりの道」は芥川の「藪の中」につながるような一編で、はわわ〜!!って感じです。「藪の中」は素晴らしい一編で大好きなのだけど、これにこんな先駆作品があったのかあ、と。幽霊譚が多いのも幽霊好きな英国文化ならではで、先日Kindleで二度ずつ読んだハリポタ全編でも先祖の霊が手助けしてくれるという場面があったなーと思い出したり。イギリス好きの坂田さんにも幽霊が出て来る作品はいっぱいあるけど、タイトルもそのものズバリの「幽霊」というジュネ作品で戦場にいる主人公の前に、爆死した親友がにこにこ出て来る話などあったなーと思い出したり。余談ながらこれがなぜジュネかというのが「無事に帰国したら2人でガソリンスタンドをやる予定だった」というモノローグこの一行で分かる人は分かる、というやつなのです。閑話休題。

芥川の翻訳家としての仕事の紹介もあり、イェーツの「春の心臓」。これがもう芥川ならではの研ぎ澄まされて淡々とした美しい文章で、うはー!!という感じでした。私は読んでてイェーツといえば萩尾望都作品だなあと思ったり、坂田靖子の「月と博士」みたいーと思ったりしてました。さらには全編ではないけどアリスも訳していたらしい、というので紹介があり。菊池寛といっしょに翻訳してたらしい。さすがに早いなあ。ここでは芥川が翻訳した部分を紹介。芥川はものすごい読書家で、洋書もものすごいスピードで読んでいってたらしい遅読の私には羨ましい限り。

ともかくも色々と興味深いお勧めの一冊なのです。そうそう、芥川といえば『重版出来!!』の松田奈緒子さんの描いた『えへん、龍之介。』文豪たちの交流や生活が生き生きと描かれていて素晴らしいので合わせて読むと良いと思います!

 

 

|

« 冷蔵庫を買い換えました | Main | 抜歯! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事