« September 2020 | Main | April 2021 »

コロナ禍の中で年明け

ご無沙汰しております!
大変な一年が過ぎ、大変なまま新しい年がきました。
年末の都内の新型コロナの新規感染者が1337人という驚愕の数字をたたき出し、まあある程度は予想の事態とはいえ。
経済も回さないとという理屈も分からないではないですが、会食・飲食が肝というのはもう分かってきているのに
ゴーツーゴーツー、、、、旅行して飲食しないわけないし、そんな政府の都合よく家族旅行だけで済むわけない。
まあもうどうしようもないと思いつつ、じっと外出を控え、最低限の買い物に出る時でもマスク距離除菌等々気を付けております。
幸い私も夫もなんとか仕事は普通に出ておりますが、都内の友人はテレワーク。
一見いいなあと思うのですが、話す相手がいない中で仕事のノルマだけはキツイというのはかなりメンタルにくるとのことで
年末にオンラインで趣味の話に高じたりして気晴らししてもらいました。
スムーズだったし、楽しかったのでまたやりたいと思います。

個人的には元気で自活していた実父が春先に転倒して頸椎を損傷、手術は成功し入院生活。
その後は重度の介護状態ということで病院から介護施設に転院したものの、容態が急変し逝去。
コロナ禍のため帰省もならず、向こうの家族でさえ見舞いも制限された中でした。
が、姉がまだ存命の時にビデオ撮って動画を送ってくれたので入院時まだ元気だった姿を見せてもらっています。
最後は誤嚥性肺炎ということでしたが、89歳、死に顔は穏やかだったそうです。
重度の認知症の母が残されたのですが、幸い父が十分にお金を遺してくれたのでよいお世話をしてくださる介護施設に入ってもらっているので、夫が亡くなったことすら分からないわけですが元気に天命を全うしてくれればいいなと思ってます。
11月初めまだ都内の感染者も落ち着いてた時期に1週間ほどお休みを頂いて帰省して、実家の片づけなどやってきました。
相続関係も父が存命の内に公正遺言書を遺してもらっておいたのでスムーズでした。
春は一方で姉の娘=かわいい姪が結婚したのでこちらもコロナ禍で式も挙げずでしたが、お祝いを送ったり、帰省した際には一緒にランチもしました。(感染対策には気を付けつつですが。)
また、久々に高校時代の友人とも開け放した玄関先でお互いにマスクしたままではありましたが1時間半ほどおしゃべりも出来たり。
大変な中でも家族や友人とコミュニケーションをとれた年でもありました。

昨年は坂田靖子さんの新刊が出て、原画展などもあり、良いこともありました!
データも久々に更新しております!
原画展もこの折なので大変そうでしたが、オンラインでグッズ販売もあったのでたくさん買えてほくほくしてます。
可愛いグッズがいっぱいです!下記データより行ってみてください↓
http://haneusagi.la.coocan.jp/sakata/
坂田先生のまたいっそうのご活躍を祈っております。

|

« September 2020 | Main | April 2021 »