« 『本好きの下剋上』ネタバレ感想 疑問推測編1 | Main | 『本好きの下剋上』ネタバレ感想 疑問推測編3 »

『本好きの下剋上』ネタバレ感想 疑問推測編2

*『本好きの下剋上』ネタバレなので、未読の方は下記読まないようになさってください*
長編の中でたまに浮かぶ疑問をミステリを解くように考えるのも一つの楽しみのようになっています。
下記も旧ツイッター(現 X)に書き込んだネタですがまとめてみます。

名捧げ側近の中でなぜハルトムートだけが細やかにローゼマインの魔力の変化を感じ取れるのか?

ハルトムートは非常に有能ですがあまりにもローゼマインに心酔しているので言動がちょっと気持ち悪いです。
名捧げの時も普通の人は他人の魔力に縛られる痛みに辛そうにするのに、ハルトムートは恍惚となっていてローゼマインに引かれていました;
香月先生も痛みにうっとりするのは「変態ですか?変態です」とふぁんぶっく4 はみ出たQ&Aコピーシテペッタンで答えています。
https://ncode.syosetu.com/n4099cd/17/
しかもハルトムートはローゼマインが平民出身であるという出自も把握しています。
その上で主至上主義の言動をするので、周囲に引かれつつも非常に頼もしい存在にもなっています。

ローゼマインがメスティオノーラの書を取得するためエアヴェルミーン(じじ様)に呼ばれ、育成の神アーンヴァックスに急成長させられました。
その間、エーレンフェストでは毎日ハルトムートが「ローゼマイン様が成長し、魔力がどんどん増えていっておられます」と恍惚と語っていたらしい。ほかの名捧げ側近もそこまで細かいことは分からないながらもローゼマインの魔力の変化が多少は分かるようで、否定はされない。
ただ、ほかの誰よりも細やかに詳細に把握しているのでした。
最初読んだ時は(まあ、狂信的なハルトムートだからなー)くらいに読んでいたのですが、再読時やっぱりなんで彼だけこんなに?
と気になりました。

一方、Twitterで相互フォローさせていただいている、まつとうめ様が別の疑問を呈しておられました。
ハルトムートは成人の儀式の際に平民達の方が祝福を多く貰っていて羨ましいと言ったことで、ローゼマインが「いつも頑張ってくれてるから祝福を上げましょう」と言って特別にハルトムートに祝福を贈ったのです。
その祝福効果はどうなったのだろう?という疑問でした。
それを読んだ時に、私は私の疑問「なぜハルトムートだけが細やかに?」の答えをそこに見出したのでした。
二人でやりとりして、ひょっとして、この祝福の効果がその「ローゼマインの魔力を感知できる」に繋がっているのでは?と。

ハルトムートは側近になった時から「ローゼマインを研究している、特に祝福のことを知りたい」と言っていました。
なので、祝福を貰った際に彼が願ったのは「ほかの誰よりもローゼマインのことを知りたい」だったのではなかろうか?
結果として、彼はほかの名捧げ側近の誰よりも日々のローゼマインの魔力の変化を感知できるのかもしれません。
まつとうめ様と二人で出していったのですが、けっこう納得した推測でしたw

>>補足追記<<
2023年11月10日『ふぁんぶっく8』QAにこの件質問があり、回答は結局、感知はするけどもハルトムートの推測と妄想が入っているだけで気持ち悪いだけです、的なものでした!大受け!!結局気持ち悪いだけ!!
祝福効果でローゼマインの魔力の変化を細やかに感知されたら気持ち悪いよねえ~~という話にはなっていたので良かったです;
>>ここまで追記<<

主にしてみれば、助かっている面もあるけど、やっぱりちょっと引くでしょうね;
まあハルトムートのおかしな言動のお陰で、急成長したローゼマインを迎える準備が下着や洋服も間に合わせながらも用意があったり
少なくともエーレンフェストの近しい人たちは奇異な目で見ることなく、感嘆と歓迎の目で迎えてくれました。
さらにはメスティオノーラの魔力で塗り替えられた後に、名捧げ側近だけは畏れで近寄れないということがないことをいち早く
フェルディナンド達と情報共有でき、パニックに陥ったローゼマインを落ち着かせる役目も負えました。
ハルトムートのグッジョブです!

|

« 『本好きの下剋上』ネタバレ感想 疑問推測編1 | Main | 『本好きの下剋上』ネタバレ感想 疑問推測編3 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事