« 心の声が聴きたい~『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』豊田悠 | Main | 『あさきゆめみし』×『日出処の天子』二人展 札幌旅行 »

それでもやっぱり恋をする~『どうしても触れたくない』ヨネダコウ

現在紙本・電書版ともに発行あり。ミリオンコミックス CRAFT SERIES 26) コミック 2008年9月1日
*感想、ネタバレありますのでご注意ください*

初版がもう16年も前なのだった。この年に生まれた子供さん方が高校生。時の経つのは速い。
最初に読んだ時、ナイーブな主人公・嶋くんがもう堪らなく可愛くて、どうにかしてあげたい気持ちになった。ということで、作中の上司・外川もノンケなのにこの可愛さに参ってすぐ恋人関係に。
紹介文を書こうと思って久々に読んだら私の記憶よりもかなり早くさくっと寝ていた。外川が非常に柔らか頭なのだった。

さくっと関係が進んだのだが、実は外川の過去は重かった。
父親が交通事故で死んだあと、ノイローゼになった母親が後追い心中を図った。弟が死に、生き残った母親は服役後、結局自殺した。
残された外川は祖父母に育てられた。
目の前で燃えて崩れていく夜中の自宅の記憶の中に静かに雪が降る。
仕事も出来、頼れる上司としてムードメーカーでもある明るい性格と思えた外川の過去を何気ない調子で語り聞かされた嶋くん。
その上で自分には家族に憧れがあると言われたら、この関係を続けていてはいけないと思ってしまう。それはもう自然な流れ。

どんどんと嶋くんへの愛しさが募る外川に対して嶋くんは距離を置きたいと思いつつ、出来ない。そこに外川の京都への転勤の話が来る。
その機に覚悟を決めて別れを切り出す嶋くん。自分がいつか重荷になることが怖いという彼の覚悟を翻すことが出来ない。自らの重い過去が相手を苦しめる。そのことを突き付けられるとどうしようもないのだった。
この別れのシーンの切なさには涙しかない。

二人の関係をつなぎ直したのは外川の仕事の後継をした小野田だった。
自分の気持ちに正直になる嶋くんの涙と頑張りの場面には読者として嬉し涙しかなかった。よかった、間に合った、本当によかった、という気持ち。

気が付くと映画化もされていた。
映画はどうだったのかな、ちょっと観てないけども(すみません。)
スピンオフとして小野田の恋愛譚『それでもやさしい恋をする』もあり、こちらもとても良い。

<24のセンチメント>17

|

« 心の声が聴きたい~『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』豊田悠 | Main | 『あさきゆめみし』×『日出処の天子』二人展 札幌旅行 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事